人気ブログランキング |
<< SAINT LAURENT 誕生日とクリスマスの間 >>

今シーズンのくるみ その1

冬休みに入りました。
休みが長いのは本当に幸せ。
出かけるのと引きこもりを一日おきにして過ごしています。

22日は新国でくるみの夜公演を見ました。
大変に売れ行きが良いそうで、結構なことです。
f0231256_18315402.jpg





振付のほとんどが好みではないプロダクションですが、一番応援しているバレエ団なので行かないというのも寂しいです。
好きなダンサーさんたちはいつも通りに素敵に踊っていました。

過去の自分のブログを読んだら、金平糖:米沢さん、雪の女王:小野さんで見るのは2度目でした。
だいたい感想は同じような感じ。

米沢さんはテクニックも素晴らしいのに、なぜか私の心が動かない。
都さんや小野さんの金平糖を見ると、DVDであっても涙がこみ上げてくるのに、どうしてなのかな?

パートナーのゲスト、ワディムさんがクララ・雪の女王・金平糖、と誰と踊っても相手を輝かせ、かつ自分もキラキラの王子様なことに感動しました。


新しく入団したダンサーさんがPDDでアラビアを踊っていたのですが、お二人ともとても良かったです。
(あの中ではアラビアが個人的に好き。アラビアなのにピラミッドがあるしファラオの衣装だけれども振付は面白い)

全体を通してワルツステップがものすごく簡易的に多用されていて、特にコールドがつまらないこのプロダクション。
花ワルが一番飽きます。

ソリストの踊りであっても同じステップのくだりが何度も繰り返される。
左右のこともあるけれど、斜めに同じ方向で何度も、とか。
ダンサーさんがそのくだりを飽きさせないように工夫していることが分かるんだけれど、根本的な解決になっていないというか。


なんとかならないものでしょうか。。。


そんなわけで今年はスタダンのくるみにも行くことにしました。
楽しみです。



by solferino | 2015-12-23 23:59 | バレエ鑑賞記
<< SAINT LAURENT 誕生日とクリスマスの間 >>