<< 東京バレエ団 ラ・バヤデール Magic in the Mo... >>

ミナカケル

もう会期が終わってしまったのだけれど、スパイラルで行われていたミナ・ぺルホネン展を観に行きました。

f0231256_22185759.jpg


あの吹き抜けのところにモビールが。






ミナの創立20周年を記念するもので、ミナの現在・過去・未来を見ることができた良展示。


f0231256_22192144.jpg
皆川さんの創造のタネだそうです。手仕事がたくさんの古着のコート。

f0231256_22201015.jpg
小さな布も大切に。新しい商品に生まれ変わります。

f0231256_2221243.jpg
懐かしい、これ。

f0231256_22213162.jpg
アイデアの源。



ミナと言えばオリジナルのテキスタイル。
開発の経緯が詳しく説明されていました。
その中でも…。

f0231256_2222968.jpg
ミナの迷彩ってどんなのだろう…?

f0231256_22223836.jpg
こんな説明がありました。花でいっぱいのカムフラージュ、いいですね。


f0231256_22231452.jpg
最後に、皆川さん手書きのことば。いくつかある中で、これが一番心に残りました。


今の日本では珍しく、大きくなりすぎず、作り手の心のこもった商品を、作り手側も買う側も満足をもってやり取りできている稀有なビジネススタイルを持つ会社だと思います。




☆おまけ☆

いつかホテルをするのが夢だそうですよ。
素敵だろうなあ。

f0231256_22242295.jpg

f0231256_22243475.jpg

[PR]
by solferino | 2015-05-30 23:31 | お出かけ記(バレエ以外)
<< 東京バレエ団 ラ・バヤデール Magic in the Mo... >>