<< 八方だし 本年もよろしくお願いします >>

gone girl (ネタバレなし)

冬休み最後の週末に観てきました。

f0231256_18103153.jpg






フィンチャーって聞いたことあるけど誰だっけ?って思ったら『ドラゴン・タトゥーの女』 とか『ソーシャル・ネットワーク』の監督でした。

(『ドラゴン…』について言えば、個人的には小説に忠実なスウェーデン語の映画のほうが好きだけど、映像は比べ物にならないほど、フィンチャーのほうがカッコイイ)


テーマとしてはいろいろな小説で扱われてるポピュラーなものだと思うけれど、現代の社会問題と絡める展開が面白かったです。

報道とかSNSなどのメディア、子供の自己実現とか夫婦間の経済や役割とかね。。


f0231256_1749168.jpg
妻に失踪される主人公、ベン・アフレック。

ゆるんだ体型と無精ひげ、インテリで気がいいけどだらしない主人公って役にぴったりだった。
この人、洋服の着方にリアリティがあります。

f0231256_1749050.gif
非の打ちどころのない妻、エイミー役のロザムンド・パイク。

こういう顔あまり好きではないけれど、表情が豊かでないのに伝わってきて、この人も上手い。


f0231256_17484818.jpg


テーマはコレ↑ なんでしょうが、ミステリー部分が収束してからも後日譚みたいなのが結構長くて、わりと親切。
小説原作と脚本が同じ人だからかな。

終盤あたりに来ると、もはや、オモシロでした。
(いろいろな評で後味悪いって言われてるけど、結構スカッとするような)


独身、既婚、男女、親子(特に娘)、それぞれに楽しめる映画だと思います。

小説も読もうっと。
by solferino | 2015-01-05 18:12 | お出かけ記(バレエ以外)
<< 八方だし 本年もよろしくお願いします >>