人気ブログランキング |
<< 良い冬休みを 今年のくるみ雑感 その1 >>

くるみ雑感 その2

第2弾はKバレエ


開演前にキャシディ氏がすっと入ってこられて感動した。素敵すぎて。。。


12月22日(日)  マチネ  赤坂ACTシアター






クリスマスの夢、わくわく感からしたらここはピカイチ。

セットでは雪の道行のあと、招待客が室内に入るところで、扉が開かれていくところが一番好き。
これから始まるおとぎの世界に自然に入っていける。

衣裳も華やかで素敵だった。

佐々部さんも評判通り美しかった。ちょっと表情が硬かったのは緊張のせいかな?
(そして小柄な故、衣装が大きすぎたような。特にワンピース風のほうはウエストが全然合っていなくて残念)

夏に大阪で見た池本さん、王子デビューなのかな?
とにかく脚がす~っと伸びてキレイなダンサーだと思った。

二人とも初役なのか、それぞれのソロのほうが生き生きしていたような気もするけれど、きっと回を重ねたらもっとコンビネーションが良くなりそう。そんな期待のできるペアだった。
(24日のほうがきっとよくなってると思う。行く人いいなぁ)


ドロッセルマイヤーの杉野さん、ものすごく格好良くてびっくり。立ち姿が美しい!
王子との身長差があって、女性を交互にキャッチするリフトでは少し苦戦しているように見えたけれど。



ただ熊川版くるみで私が一番気になるところは2幕の初めに花ワルがくること。 
(そのあとディベルティスマン)

この版では、いろいろ音楽が編集されたり付け加えられたりしているんだけれど、個人的にはディベルティスマン→花ワル→GPDDの流れで気分が盛り上がるので。


とはいえ最後まで楽しめたし、満足のいく公演でした。


今年は年末に2つもくるみを観られて嬉しかった。
バレエ関連のtwitterではスタダンのくるみがとても好評なようなのだけれど、来年は機会があればそちらも行ってみたい。

これは去年のリハーサル風景。

ゆりえさんのポワント、美しい! 終始一点!!





さて、クリスマスイブの今日、家でもDVDを観るとしようか。





☆おまけ☆
f0231256_11195922.jpg
帰りに赤坂サカスで生ガキ&スパークリングでちょっとした女子忘年会。

f0231256_11201417.jpg
最後にはガトーショコラ&コーヒーで締めてきた。


時間が中途半端でお店が空いていて、おかげでゆっくりおしゃべりできてよかった。
by solferino | 2013-12-24 11:13 | バレエ鑑賞記
<< 良い冬休みを 今年のくるみ雑感 その1 >>