<< Bintley 監督による演目... 新年お食事会・第1弾 >>

ニキヤ初役@絢子さん

今期2度目の大好きなバヤデール♪





ラ・バヤデール (牧 阿佐美版)  [全3幕7場] 

*cast*
ニキヤ: 小野絢子
ソロル: 福岡雄大
ガムザッティ: 本島美和

ハイ・ブラーミン: 輪島拓也
マクダヴェア: 八幡顕光

ブロンズ・アイドル: 福田圭吾
ジャンペの踊り: 井倉真未  米沢唯

パ・ダクション ブルー・チュチュ: 西川貴子  寺島まゆみ 丸尾孝子 厚木三杏
パ・ダクション ピンク・チュチュ: さいとう美帆 高橋有里 大和雅美 伊藤真央

アダジオ: グレゴリー・バリノフ 江本拓

第1ver: 寺島まゆみ
第2ver: 西川貴子
第3ver: 丸尾孝子


小野さん&福岡さん、来シーズンもペアが多いのは、やはり今回の出来も良かったからなんでしょうか。

この日は全体としてバレエ団がうんと若返った感の強いキャストでした。

小野さんはまだ初々しい少女のようなニキヤ。役作りは川村さんのほうが好きだったけれど、踊りは本当に素敵☆

2幕まではずっと素晴らしく、嘆き~花かごのソロのあたりでは涙ぐんでしまいました。
3幕、ヴェールのところはちょっとふらついていたかな…。

それにしても、何ともまあ、美しくしなる脚だこと!

前回公演の時、ザハロワのニキヤを2回見た私ですが、小野さんのほうはこれ見よがしでないところが好感が持てます 笑。

主役をこなす度、表現力も体力も気力も一回り大きくなっていると感じます。来シーズンも楽しみ~。


福岡さん。
なんといってもハンサムだし(笑)、ソロは回転も跳躍もとっても決まって、会場は大いに沸いていました。 サポートのリフトがちょっと低かったのが気になるけど (でも1列目だったからかな~)、まだ初パートナーシップですし。
フレッシュでバランスのいいペアだと思いました。 これからに期待します☆


ハイ・ブラーミンの輪島さん。 
若手でこちらもハンサムなのでまだちょっと頼りない感じ。
森田さんの貫録と変質狂のような役作りには負けてたかな。。。

本島さん。
なんといっても美人で花があるし、難易度の高い振りばかりの2幕もほぼノーミス。今まで見た中では一番良かった。
なのになぜか変わらず感情移入のしにくいダンサーさん。でも、ガムザッティはそういう役だからいいのかもしれませんね~。
ニキヤと争うマイムのシーンや殺意を覚えるところの演技は上手だったと思います。


そうそう、とっても良かったのは壺の踊りの湯川さんとジュニアの二人。
研修所予科生の6人のうち、特に16日のキャストの二人はたぶんツィンズ。鈴木双子姉妹のようでした。
小枝のように軽くてしなやかで、ものすごく上手でした。 来月発表会を見に行く予定なので、こちらも楽しみです。


さて、とても良くできているこの牧版バヤデールですが、惜しむらくは男性ダンサーの登場が少ないところ。
男性ばかりの「太鼓の踊り」、新国メンバーで見られたらいいのにな~。


ああ、それにしてもあんなに楽しみにしていた公演だったのに、それほど熱のこもったことが書けないのは、座席のせいでしょうか…。


なぜ1列目は中年以上の男性客 (それもみんな一人で来ているよう) が多いの?

そして、バクランさんもオケもすごく良かったけど (前回よりもバイオリンのソロなど、泣けてくるほどでした)、そういえばマエストロは鼻息が荒かったんだ…。

そのせいで少々テンションが下がったのは否めません。

来シーズンのセット券では絶対1列目を避けてもらいたい…。



公演後にあった、ビントレー監督による来シーズン演目説明会についてはまた後日~☆
[PR]
by solferino | 2011-01-24 20:42 | バレエ鑑賞記
<< Bintley 監督による演目... 新年お食事会・第1弾 >>