<< 感謝です レインボー&キラキラ 最近のお買い物 >>

課題は尽きないけれど

12月には臨時収入もあるし、2人でなら大丈夫かな、と話がまとまって、個人レッスンを受けてみた。





うちのスタジオでは、希望の先生を選んで、1時間程度の個人レッスン (2人まで) を受けられるシステムがあるのだけれど、小心者の私のこと、一人でなんてとてもとても、と思っていた。

しかし、チャレンジクラスでのアレグロのあまりの出来の悪さと、全くロジックがクリアになっていない 「ランベルセ」 に悩んでいたところ、一緒に受けようか、といってくださった方がいて、2人一緒に受けてみることに。


アレグロはもともと大の苦手で、それはもちろん速いテンポについていけない運痴のせいもあるのだけれど、そのうちの基本的な (でもややこしい )アッサンブレやジュッテのオーバーとアンダーをとことんやってくださって、とっても為になった。

前から後ろに脱ぎ払っていくのがアンダー (アンダーウェアと一緒だよ、と先生)、後ろから前にかぶせていくのがオーバー (オーバーコートを後ろから羽織るでしょ!とのこと) という仕組みを今一度確認。


今のスタジオではグリッサード・ジュッテのジュッテのとき、両足をハの字に一瞬張って見せろ、というので、本当に難しい。
前の初心者クラスでは、アッサンブレになって (5番にひとつに集めて) 降りてきて、片足クッペで着地、と習ってきたので、全~然出来ない。

といっても、わたしへのアドバイスは、それ以前の問題 (苦笑)。
グリッサードで後に来る足がインに入ったり、つま先が伸びていないこと、だった。
たぶんなんだけれど、しっかりプリエを踏んでいないせいなんだろう。


さて、もうひとつのランベルセ。「ひっくり返す」という意味なので、ファイエのように体の向きを変え、そうきたか、と思わせるような意外性のある動きであるとの事。

※注 ランベルセ 
分解すると…腕はアンナヴァン、脚はエファセ・ドゥヴァン・にデヴェロペからトンベしてすぐにルルべ 後ろ足はattitude  軸脚と同じ腕をアンオー そのままクロワゼに方向を変える
(自分の過去ログにあった…)

右はまだマシだけれど、左が相変わらずひどい。。。が、ちょうど今月のアンシェヌマンにも入れてくれていて、予習復習ともなった。

先生からは、「ピケから入るかトンベから入るかをもっと明確に、体の方向もストリクトに!」ということだった。



さて、今年のレッスンも残りわずか。

今年の目標は、たぶんポールドブラのレベルアップだったと思うのだが、「ちょっとは (特にバーでは) 良くなった」 と言われ、前ほど注意を受けなくなってきた (ような気がする)。


来年は目線とアレグロ克服!かな。

それから右軸の強化も!


課題は尽きない。


☆追記☆
11月の日曜レッスンはレシル。
ショパンのほうで、ワルツに乗せてマネージュで動くもの。
円が小さくなるとか、体の向きがわからなくなるとかに加えて、回るワルツステップが大の苦手。

憂いのある曲なので、気分的にもあまりすっきりした達成感がなかったのもカナシイ。2回しか出られなかったし。


打って変わって今月は海賊の曲で、おなじみ弓を引くようなあのポーズも入っている。
ノリがいい踊りやすい曲なので、今月はもっとちゃんとできるといいな。

~以下覚書~

3人一組で1列で用意

ポーズからピケアチチュードに立つ→パドブレ・アントゥールナン4番→ペアテ3回 (最後はダブルで4番)→ロタシオン→ピルエット・アンデダン→それぞれフロアの角についてプレパレーション

《ワルツステップ→シャッセ・シェネシェネ・トンベ→アラベスク・ソッテ→走って次の位置に》×2→グランパドシャ4回、5回目ソッテ→グランパドシャ4回→シェネシェネ→ピケアラベスクでポーズ♪
[PR]
by solferino | 2008-12-08 21:19 | レッスン | Comments(0)
<< 感謝です レインボー&キラキラ 最近のお買い物 >>