<< 小豆を煮てみました (マクロビふう) 今更ですが、ホワイトデー >>

さくらん

さくらんって「錯乱」なの「咲くらむ」なの?どっちもなのか。





水曜レディースデイのラストショー、ミニボトルのワインかシャンパンもしくは缶ビール、美味しいパンかなにかをサカナに映画を観るのが好き。
先輩からは「一人上手~。」って言われちゃうけど。

林檎の番組を観て決めてたので実行。モヨ子原作、蜷川実花監督、アンナ主演の花魁映画「さくらん」へ。

赤。金魚。花。少女。エロス。


アンナの台詞廻しに若干不安はあったが、予想外の好演。声もいいし。一方、カンノちゃん、美しさは凄まじかったが、しゃべるといきなり城ノ内真理亜だった。吉原だからな~、ここ。
(木村○乃、長瀬○敏は許せました。)

勿論江戸っ子べらんめえ節が耳に心地よいのは特別出演の左團次。若手で一番印象深いのは「笑う鬼」成宮だ。彼はやはり変人に違いない。

夏木マリと石橋蓮司はさすが。小泉今日子は見つけられたら儲けもの。安藤○信は私には線が細すぎる感あり。

とにかく、色気のある映像と林檎の音楽のマッチングを堪能。全編がこの曲のPVといってもよいくらい?!

ところで原作コミックはもう終わっているのか?読まなければ。
[PR]
by solferino | 2007-03-17 22:48 | お出かけ記(バレエ以外)
<< 小豆を煮てみました (マクロビふう) 今更ですが、ホワイトデー >>